『病院薬剤師のやりがい』

病院薬剤師のやりがいはどこで感じる!?

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

病院薬剤師のやりがいとは、調剤薬局などでは経験できないさまざまな業務を経験することができ、また他の医療スタッフとのチーム医療に携わるなど、その仕事の幅の広さにあるのではないでしょうか。その業務は病院内における医薬品に関わる全般となりますので、医師や看護師はもちろん、外来患者や入院患者など、さまざまな人々と接することとなります。医療チームの一員として継続的な治療への参画をして、患者さんの回復を見守ることができるのは、医療従事者にとっては最高の喜びとなり、また得難い経験ともなります。そして勤務先の医療機関で治験が行われるようなことがあれば、治験チームの一員として、新薬の開発に携わることもあります。こうした医療全般に関わる医薬品の専門家として、その実力を発揮することができるのが、病院薬剤師のやりがいだと思います。

チーム医療とは、病院で働く医師や看護師、薬剤師、栄養士、検査技師、理学療法士などの医療従事者が連携し協力しあうことで、医療事故を防止して、より安全で患者さんに適した治療を行うようにするものです。病院薬剤師がチーム医療に参加するときには、薬の専門家として積極的に資料や意見の提出を行い、医療の質の向上のために働きかけます。とくに、がん化学療法チームや感染管理チーム、栄養管理チーム、褥瘡治療チームなどにおいては、専門薬剤師などの病院薬剤師が参加するなどしています。

抗がん剤など毒性の強い医薬品を使用することの多いがん化学療法チームでは、複雑な投与計画の作成などに貢献しています。病院薬剤師は、抗がん剤の調整、投与量や投与方法、副作用などの影響をチェックして、がん化学療法の安全性確保に関わり、安全性や治療の質の向上に努めます。長きにわたる治療の間、チームの一員として治療に関わることで、さまざまな経験や知識を積み、大きなやりがいを感じることができるのです。

病院内では、さまざまな院内感染が発生しています。病院薬剤師は感染症の発生を監視し、抗生物質の使用のチェックなどを行い、医師に提案するなどします。また消毒剤の使用を適正に行うため、看護師や医師と協力しあって、院内の安全を確保しているのです。

また勤務先の病院で新薬の治験を行うことになれば、病院薬剤師がその管理や併用薬の確認、被験者の相談に応じたり、副作用のチェックを行うなど、さまざまな業務を行うことになります。新薬が世の中で活用されるには、10年以上の長い研究開発機関が必要とされる場合もあります。そのような治験に関わることで、新薬を待ち望む多くの患者さんの役立つことも病院薬剤師のやりがいとなっています。

やりがいを感じる病院薬剤師求人を探すならココ!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ