『病院薬剤師の就職試験』

病院薬剤師の就職試験はどんな感じ!?

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

新卒薬剤師の就職活動の際には、薬剤師国家試験との両立が重要です。将来を左右する大切なことですから、どちらもおろそかにせずに、両立させたいものですよね。なかには国家試験の結果をみてから、5?6月になって就職する方も多いようです。病院薬剤師の就職試験は、民間の病院などの場合は書類選考で論文、それから面接試験という場合が多いようです。また教科目の試験を課しているところなどもあり、公立病院の場合には公務員試験も受けることになります。

病院薬剤師の転職の際の就職試験については、病院によって違いがあるようです。一般的には試験は面接のみで、あとは実務経験などで判断されるという場合も多いようですが、書類選考があるような大学病院などでは、論文提出が義務付けられている場合もあります。また公立病院では、正職員は公務員試験の点数による場合があり、論文試験、適正検査、面接などによる試験となっているようです。

病院薬剤師の就職試験で、もっとも重要となるのは面接試験です。経験や能力をアピールし、やる気や前向きな気持ちを伝えることが必要となります。それまでに経験してきた実務内容を説明し、これから経験してみたいと考えている業務について、チーム医療への参加についてなど、そのポテンシャルをアピールできるような話ができると良いと思います。また将来のキャリアについての展望や、人生設計などに関わる質問を受ける場合もありますので、自分なりの考えをまとめてから面接にのぞむようにしましょう。

小論文などはもちろん、履歴書などの提出書類も重要です。一般的な履歴書と職務履歴書を、正確にきれいに書き上げて提出するようにしましょう。

インターネットの薬剤師求人情報サイトでは、転職コンサルティングサービスを提供している場合があります。コンサルタントは希望に合った転職先を紹介してくれるだけでなく、面接日時のセッティングや面接に関するアドバイスなどもしてくれます。こうした面接コンサルティングサービスを利用すれば、自分のポテンシャルを最大限にアピールして、希望通りの転職を実現することができると思います。コンサルタントによるキャリアカウンセリングを受けることで、自分のキャリアに対する考え方を整理することができ、転職の意義を再確認することができるのも重要なポイント。前向きなキャリア構築のための転職をお考えの方は、コンサルティングサービスの充実しているサイトを活用してはいかがでしょうか。

病院薬剤師へ就職するのなら、転職サイトを活用しよう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ