『新卒の病院薬剤師』

新卒の病院薬剤師は多いのか!?

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

2006年から大学薬学部が4年制から6年制へと移行したことで、2010年から2011年は新卒の病院薬剤師が誕生しない年となりました。この間、ドラッグストアや調剤薬局、病院などでは、復職を果たした主婦やアルバイトの学生などが活躍して、職場を支えていたようです。そして2012年、3年ぶりに新卒薬剤師が誕生したことで、人手不足に苦しむ病院をはじめ、調剤薬局や製薬会社などでも、多くの求人募集がありました。薬科大学の就職部には早くから多くの採用担当者が相談に訪れ、なかには高額の収入を提示する企業などもあり、新卒薬剤師は引く手あまたであったようです。

ドラッグストア大手のグローウェルホールディングスでは、100人の新卒採用計画のために600万円の俸給を提示するなどして話題となりました。厚生労働省の賃金構造基本統計調査による薬剤師の平均月給は30代後半でも35万円程度となっているため、その需要の高さがおわかりになると思います。

そのようななか病院の人手不足は深刻なものがあり、新卒の病院薬剤師の人材拡充は地域医療を支えるためにも急務となっています。勤務先として病院などの医療機関を希望して病院薬剤師を志す学生は多いようですが、それでもまだ十分とは言えないようです。病院などの医療機関では、医療従事者の人材不足から勤務医などの負担増加が問題となっていて、こうした現状を改善し、勤務医などの負担軽減するためにも、病院薬剤師などが参加したチーム医療の推進が求められているのです。

平成24年度の診療報酬改定では、病院薬剤師が勤務医などの負担軽減に資する業務を病棟で一定以上実施している場合の評価が新設されています。これは病院薬剤師が病棟において病院勤務医等の負担経験及び薬物療法の有効性、安全性の向上に資する薬剤関連業務(病棟薬剤業務)を実施している場合に、週1回限り100点を加算するというものです。このように病院薬剤師の活躍の場が広がるなか、その人材は今後ますます多くの医療機関で必要とされるものと思います。

新卒の病院薬剤師のなかには、卒業後の進路として専門性を活かすためにレジデントとしての就業を望む方も多いようです。現在、薬剤師レジデント制度は増加傾向にあり、2012年から新たに受け入れ募集を開始した施設も増えているようです。薬剤師レジデントには給与も支払われ、交通費や福利厚生なども非常勤職員なみの処遇が与えられる場合も少なくありません。このような新卒の病院薬剤師の求人情報は、インターネットの求人情報サイトに数多く掲載されていますので、是非一度チェックしてください。

新卒の病院薬剤師の求人ならココで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ