『病院薬剤師の仕事内容』

病院薬剤師の主な仕事内容をご紹介!

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

病院薬剤師は病院や診療所などに勤務し、患者が安心して医薬品を使用できるよう、さまざまな仕事をしています。医薬品は疾病や症状の苦しみを軽減するために必要なものですが、正しい使用法を守ることによって、はじめてその効果を発揮するものです。食事やサプリメントとの関係、複数の医薬品を使用する際の注意など、医薬品に関する正しい知識をもち、その取り扱いを行うのが病院薬剤師の仕事なのです

病院薬剤師の仕事内容として中心となる業務である調剤業務は、飲み合わせの悪い薬や同様の効果のある薬が処方されていないかなど、処方箋の記載内容を確認し、調剤した後、患者が服用するのに必要な情報を提供するものです。調剤には、錠剤調剤や水剤調剤、散剤調剤などがあり、処方箋の内容に則って、適切に処方されるように調剤を行います。

また治療に使用する注射薬の供給を行うのも、病院薬剤師の業務のひとつです。注射薬は一般的に効果が強く、その使用には特に注意が必要であるため、薬剤師が処方箋の内容を確認したうえで取り揃え、混合する病院が増えています。注射処方箋にしたがって注射薬を取り揃えたり、無菌的な注射薬の調整などを行います。

医薬品情報について、文献などから多くの情報を収集して医師に伝え、薬が適性に使用されるようサポートするのも病院薬剤師の大切な役割となっています。医薬品はその有効性と副作用を充分確認したうえで発売されるものですが、発売後多くの患者が使用することで、それまで把握していなかった副作用や未確認の効果が発見されることがあります。そのような情報を収集することで、日々新たな情報をもとに医薬品を治療に役立てていくことができるのです。

そして病棟における薬剤業務は、薬局勤務などでは経験できない、病院薬剤師にとって重要な仕事となります。医師や看護師などと連携をとりながら、病棟で患者に使用される薬について相談したり、副作用がでていないかなどの確認をします。また患者と直接話をして、医薬品についての情報を提供したりする場合もあります。

病院薬剤師の仕事としては、ほかに薬品管理業務や製剤業務、治験業務などがあります。薬品管理業務では、必要な薬を必要な数だけ、いつでも提供できるよう、薬品倉庫やコンピュータによる在庫管理を行います。また医療に必要な販売されていない薬を製剤したり、製薬会社と協力して、新しい薬を作るための治験業務を行うこともあります。薬剤師はこの他にも、院内感染防止対策など、医薬品が関わる病院全体の業務に携わっているのです。

病院薬剤師の求人ならココで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ