『病院薬剤師の男女比』

病院薬剤師の男女比とは!?

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

薬剤師の男女比率は全体で現在4対6ほどの割合と言われており、比較的女性が多く活躍している職種です。病院で勤務する薬剤師の割合もほぼ同等の割合となっており、男性でも女性でも勤務する事ができます。全体で言えばこのような割合になっていますが、一つの病院に勤務する薬剤師の数はあまり多くはありません。常勤の方1名で勤務しているという職場も多いため、職場ごとの男女比はその職場それぞれで異なると言えます。

病院薬剤師の仕事も基本的な業務内容は調剤業務となっています。病院には患者さんが多く来院するため、その患者さんに医師から処方された薬を調合して提供していきます。この点は調剤薬局と変わらないため、男性、女性どちらの薬剤師でも対応できる仕事になっています。病院薬剤師の異なる点は医療的知識が調剤薬局よりも多く必要になるという事です。医療の最前線の現場とも言える病院では、医師や看護師などの方も多く勤務しています。こうした方と連携を取りながら仕事をする事も多くあります。

そのため、医師とも意思疎通を図りながら仕事ができる知識量や、患者さんとのやり取りからコミュニケーション能力に長けている看護師の方と接する事ができる薬剤師の方に向いていると言えます。こちらも男性女性で向き不向きというのはあまりありませんが、あなたに向いているかどうかという点は確認しておくと良いでしょう。

知識量や医療への興味という面では男性の方が大きい傾向にあり、病院薬剤師の仕事もやりがいを求めて転職する方は多いです。女性はこうした知識量の面では男性に劣る事がある場合もありますが、コミュニケーション力に長けており、患者さんとより接する事ができる病院で勤務したいという方は多いです。また、病院は女性にとって働きやすい環境が整えられているため、そうした面をメリットとして捉えて転職を考える方も多いです。産休や育児休暇が取りやすい他、色々な面で福利厚生が充実している病院は多いため、安心して働けるのでという理由で病院薬剤師を選ぶ女性もいます。

病院薬剤師の男女比は全体で見ると冒頭のような割合にはなりますが、実際の職場での仕事の際は、少人数での仕事になるため職場ごとに変わるという事を覚えておきましょう。男女比が気になるという方は転職サイトで求人をチェックする際に職場の情報の欄に記載がある場合もありますし、ない場合は転職サイトのアドバイザーの方に聞くと教えてもらえる事があるので聞いてみると良いでしょう。

病院薬剤師の求人ならココで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ