『大阪府立急性期・総合医療センターの病院薬剤師求人を探す!』

大阪府立急性期・総合医療センターの薬剤師求人情報

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

大阪府立急性期・総合医療センターでは薬剤師が幅広い業務を担当し、調剤業務はもちろん、入院・外来を問わず幅広い患者を相手に薬剤に関する業務を行っています。医薬分業が推進されている一方、薬剤師の業務が多様化している状況ですが、総合医療センターとして機能しているこの病院では薬剤師の多様化に対応した業務が求められる傾向があります。そのためこれまで病院薬剤師としてキャリアを積んできた方でも未知の分野で働く機会も多くなりますから、求人情報を探す際にはできるだけ詳しく情報収集を行っていくことが大事です。

大阪府立急性期・総合医療センターで働く薬剤師のもっとも基本となる業務はやはり調剤です。この病院の特徴はコンピューターによる処方オーダリングシステムを導入していること。このシステムによって用法・用量をはじめ副作用のリスク、飲み合わせなどを細かくチェックすることが可能になっています。

薬剤師は調剤業務に加えて薬歴情報なども細かくチェックしながら求められる薬剤を用意していくことになります。ポイントとしては調剤業務を24時間体制で行っていること。そのため薬剤師にも夜勤の機会が出てくるので注意が必要です。ライフスタイルとの両立を目指したい場合には求人情報の中でもとくに勤務時間に関する内容をしっかりと確認しておく必要がありそうです。

それから製剤業務。市販されていない薬やこの病院が独自に用意する必要がある薬剤は院内で薬剤師が調剤することになります。これまで調剤薬局で調剤業務を行ってきた方にとってはこれまで経験のない薬剤を取り扱う機会も出てくるでしょう。その分スキルや知識を磨いていくよい機会に恵まれているとも言えます。

もうひとつこの病院における薬剤師の重要な役割となるのが服薬指導。調剤の際に行う一般的な服薬指導に加えて「お薬相談室」を設置しており、より薬剤に関する幅広い相談に応じています。薬剤の知識はもちろん、それを患者にしっかりとわかりやすく伝えることができるコミュニケーションスキルも求められるでしょう。そのほか治験業務も行っており、病院薬剤師とは異なる業務を担当する機会もあります。

このように、薬剤師としてさまざまな経験を積むことができる大阪府立急性期・総合医療センター。求人情報を探す際には幅広く情報を探していくほか、大阪府立病院機構のホームページからの情報も欠かさずチェックしていきましょう。募集は不定期なのでできるだけこまめに確認してチャンスを逃さないよう努めることが重要です。

大阪府立急性期・総合医療センターの薬剤師の求人ならココで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ