『病院薬剤師の問題点』

病院薬剤師の問題点はどこにあるのか!?

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

近年、病院薬剤師の活躍の場が広がり、全国の医療現場においてさらに重要な役割を担うものとなっています。超高度高齢化社会をむかえ、医療技術の高度化、複雑化や、ドラッグラグ解消への取り組みによる医薬品開発の促進など、病院薬剤師をとりまく医療現場ではその環境が大きく変化しつつあります。現代の医療現場においては、高い医倫理観や医療人としての教養、高度化する医療水準に適した実践力など、病院薬剤師にはさらなる質の向上が求められているのです。

また病院薬剤師には、調剤事故や調剤過誤、インシデントといった問題を防ぎ、医療の安全性を確保する重要な責務があります。調剤事故とは医療事故の一類型であり、調剤に関するすべての事故と関連して患者に健康被害が発生したものであり、薬剤師の過失の有無を問わないもの。また調剤過誤とは、調剤事故のなかでも薬剤師の過失によって起きたもので、調剤の誤りだけでなく、薬剤師の説明不足や指導内容の間違いなどにより健康被害が発生した場合にも薬剤師の過失を問われるものです。このほかにも患者に健康被害が発生することはなくとも、「ヒヤリ」とした「ハッ」としたなどのインシデントなどについて、その発生を防ぐ努力を続けていかなければならないのです。

薬学科6年制教育糧がスタートして実地研修制度が定着しつつあるなか、現役の病院薬剤師にも生涯研修などを通じた研鑚を積むことが求められます。勤務医の負担軽減などを目的としたチーム医療の推進のためにも、医薬品の専門知識を活かした薬剤師の活躍が必要不可欠のものとなっているのが現状です。日々進歩を遂げる医療技術や新薬開発を実践しつづけるため、社団法人日本病院薬剤師会では、生涯研修認定制度を実施しています。これは医療技術の進歩及び医療ニーズの変化に伴う知識・技術・態度の習得を図るとともに、水準の高い業務の実践に対応した病院薬剤師を育成・認定することにより、国民の公衆衛生の向上及び増進に寄与することを目的としているそうです。

日本病院薬剤師会では、インターネットを利用して講演会や研修会を受講することができるe-ラーニングシステムを構築し、生涯研修認定に必要な学習を進めることのできる態勢を整えています。このシステムを利用すれば、時間がない、研修場所まで遠いなどの問題もなくなり、病院薬剤師としての質の向上に取り組むことができます。

専門薬剤師、認定薬剤師、生涯学習など、さらなるキャリアアップに取り組むことで、より良い環境の職場での活躍を目指すこともできます。病院薬剤師としてキャリアアップ転職を目指す方にはインターネットの求人情報サイトがおすすめです。

病院薬剤師の求人ならココで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ