『病院薬剤師の退職』

病院薬剤師の退職に関する知識

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

現在、病院薬剤師や薬局薬剤師などの求人は増加傾向にあるといわれています。とくに院外処方箋の発行数が伸び続けている現在、調剤薬局やドラッグストアなどの求人情報は常に数多く出ているようです。病院から調剤薬局へと転職する方なども多く、病院では薬剤師の人手不足なども起きているようです。

病院薬剤師の退職金については、勤務する病院によって違いがある場合があります。退職金制度を設けているかどうかは、勤務先の就業規則などを確認する必要があります。求人情報などをみてみると、病院では多くの場合、退職金制度を導入していて、勤続3年以上で支給されるものとなっているようです。支給金額については病院によって違いがあるため一概には言えませんが、給与の数か月分と給与額単位で支給される場合が多いようです。

退職の理由として多いのは、結婚や子育てによるワークライフバランスの変化によるもの。厚生労働省によると、平成22年12月31日現在、全国で薬剤師として届出のある数は276,517人で、うち男性が108,068人(39.1%)、女性は168,449人(60.9%)となっています。薬剤師という職業は依然として女性の多い職場となっていますし、薬学科6年制のスタートなどもあることから、今後、社会と薬剤師双方にとって、その労働環境の整備が求められることとなると思われます。最近では病院薬剤師のための託児所の整備をすすめている病院などもあり、子育てをしながら職場でも活躍できる環境づくりが進んでいくのではないでしょうか。

ほかの退職理由としてあげられるのは、専門薬剤師などのキャリアアップに通じる道のない職場であることなど。チーム医療の推進に積極的な病院では専門薬剤師の育成に取り組んでいる場合もありますが、多くの場合、それらキャリアアップへの道は自分で切り開いていかなければならないのが現状であるようです。

こうした病院薬剤師の退職に関する現状をみてみることで、よりよい職場環境への転職を果たすためのポイントが見えてきます。退職金制度、ワークライフバランス、キャリアアップなど、より充実した仕事と人生を楽しむためには、こうした事柄についての転職先の状況を知っておかなければなりません。インターネットの薬剤師専門求人情報サイトでは、病院の労働環境についての詳細情報なども紹介してくれる転職支援サービスを提供しているサイトもありますので、無料会員登録をして、情報収集に役立てていただきたいと思います。

転職エージェントならわずらわしい手続きも代行してくれます!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ