『病院薬剤師の役割』

病院薬剤師の役割とは!?

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

平成19年の厚生労働省の「病院における薬剤師の業務及び人員配置に関する検討会」の報告書には、病院薬剤師の役割などについて詳しく述べられています。報告書で規定されている病院薬剤師の役割は、医療、薬物治療の安全確保と質の向上のための業務や、医療の安全確保のための情報に関する業務などがあげられています。

医療や薬物治療の安全確保と質の向上のための業務としてあげられているのは、11項目。

・医療の安全確保のための薬歴に基づく処方監査の充実
・患者情報に基づく服薬指導と薬学的ケアの実施(病棟における医薬品関連業務への参画)
・入院患者の持参薬管理
・注射剤の処方箋に基づく調剤の実施
・がん化学療法への参画
・手術室、集中治療室等における病院薬剤師による医薬品の適正管理
・高齢者に対する適正な薬物療法への参画
・精神科領域薬物療法における患者の服薬遵守の向上
・チーム医療への参画による安全性の確保と質の向上(感染制御チーム、緩和ケアチーム、褥瘡対策チーム、栄養サポートチームへの参画)
・個々の患者に応じた薬物療法への参画(院内製剤業務の実施と薬物血中濃度の測定、解析による薬物療法の最適化)
・夜間・休日における病院薬剤師の業務の実施

医療の安全確保のための情報に関する業務としては、医療安全確保のための情報の共有化や、医薬品の採用に必要な情報の収集と提供となっています。そして、その他の取り組むべき業務としては、教育、研修への積極的な関与などがあげられています。

病院薬剤師は勤務する病院を訪れる外来患者への対応だけでなく、入院患者への対応や、院内での医療行為に必要な注射薬などの準備なども行い、院内製剤業務や治験チームの一員となるなど、新たな薬を作り出す作業に携わることもあります。また院内の医薬品の在庫管理を行うのも病院薬剤師の役割のひとつです。

日本病院薬剤師会による「薬剤師が行う薬剤業務の範囲に関する研究」のための調査によると、薬剤師が積極的に取り組む薬剤業務として、薬物療法のプロトコル・マネジメントや処方提案、薬学的管理、医療安全のためのモニタリング、継続的な治療管理、外来化学療法患者への薬剤管理指導、持参薬についての薬剤管理指導、抗がん薬などの無菌調整、医療スタッフへの助言や相談などがあげられています。このように、より積極的に薬剤業務を行う病院薬剤師の活躍が求められているのです

病院薬剤師の求人ならココで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ