『病院薬剤師の自己PR』

病院薬剤師になるための自己PRの方法

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

病院薬剤師として希望どおりの転職を果たすためには、面接での効果的な自己PRが重要となります。自己PRでは、それまでの実務経験の内容やその経験で得たことなど、薬剤師としての責任を自覚していることをアピールすることがポイントです。また採用担当者としては、薬剤師として今後どのようなことを目指しているのかなどの志望動機を明確にもっているかという点も、採用のための判断材料とします。明確なビジョンとやる気や熱意など、面と向かっていないと伝わらない大切な思いをアピールすることが、面接の醍醐味なのです。

病院薬剤師を採用する病院では、即戦力となる実力をもった人を求めている場合が多いようです。そのため実務経験は重要なポイントとなります。調剤、薬品管理、製剤、医薬品情報の管理、薬剤管理指導、注射薬調剤などは病院薬剤師としての基本的な業務ですが、その経験から得られるものは人それぞれ。日常の経験から何を学べるかという点は、その人材のポテンシャルの高さをはかる物差しとなるのです。常に学ぼうという意識を持っているかどうか、そうした姿勢を伝えることは有効な自己PRとなると思います。

また治験業務への参加やリスクマネージャーとしての経験、チーム医療への参加経験などは、大きなアピールポイントとなります。多くの医療スタッフと交わる治験や治療のチームスタッフとなることは、コミュニケーションスキルや実務能力の高さを示すものとなるからです。これまでそうした経験がない場合であっても、今後そうした経験を目指すための転職である場合などは、その意志を示すことで十分な自己PRとなるのではないでしょうか。

病院薬剤師として転職を希望する方のなかには、結婚や出産後の復職を目指している方も少なくないようです。いま不足する人材を補うために、病院などの医療施設ではパート薬剤師などのニーズも高まっていると聞きます。このような現状にあっては、パートなどの自由な勤務形態を望むことをアピールすることも効果的だと思います。必要な時間帯に必要なだけ補充できるパートタイマーは、雇用側にとっても便利な勤務形態なので、このようなマッチングも増えているのです。

自分のPRすべき点がわからないというときには、インターネットの薬剤師専門求人情報サイトのご利用をおすすめしています。専任の転職コンサルタントによるキャリアカウンセリングを受ければ、これまで気づかなかったPRポイントを見つけ、志望動機を明確にすることができると思います。

転職エージェントでサポートを受けよう!面接対策も指導!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ