『病院薬剤師の勉強』

病院薬剤師の勉強とは!?

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

ドラッグラグ解消のために平成19年に策定された「革新的医薬品医療機器創出のための5カ年戦略」によって、世界最高水準の医薬品・医療機器を国民に提供するための取り組みが始まっています。医薬品及び医療機器関連の研究資金に対する集中的な投入やベンチャー企業の育成、臨床研究や治験環境の整備、アジア共同研究、審査の迅速化と質の向上、薬価制度などにおけるイノベーションの適切な評価など、さまざまな施策が行われています。

ドラッグラグとは、欧州やアメリカで使われている新薬が、日本の開発や承認の遅れによって使用できない状況にあること。医薬品産業政策研究所によると、2004年の世界売上上位医薬品88製品における各国で使用されるに至る日数は、世界平均で504〜915日であり、日本では1,416.9日となっていたそうです。このように欧米各国に比べて日本では、審査の基準やその実施体制の整備が遅れ、治験環境や医療保険における薬価制度、製薬企業の開発戦略などの問題が指摘されてきたのです。

さまざまな取り組みによって我が国のドラッグラグが解消されることで、医薬品の世界同時承認や、日本で世界に先駆けて承認されるケースも予想されます。このような新薬を使用する際に重要な役割を果たすのが、病院薬剤師なのです。新薬の適正使用に関する情報管理や、医療現場における副作用情報の収集とフィードバックなど、病院薬剤師の責任はさらに増すものと思われます。

いま病院薬剤師には新薬の勉強として、新たな医薬品についての情報を常に収集し、管理することが求められます。PMDAの情報提供ホームページには、企業から提供されるインタビューフォームの情報や審査報告書などが公表されているので、医療現場で活躍する病院薬剤師にとって、医薬品適正使用の推進や安全性情報の収集に役立つサイトとなっています。

また病院薬剤師の勉強として重要なのは、チーム医療の一員として活躍する専門薬剤師となるための研修や認定制度です。日本病院薬剤師会では、専門薬剤師と認定薬剤師の認定基準を設け、研修や講習会、認定試験などを開催しています。これらの認定制度は、医療の質の向上のため、また病院薬剤師のキャリアパスとして、重要な役割を担うものとなっているのです。

新たな経験を積むため、キャリアアップのための転職には、インターネットの薬剤師専門求人情報サイトが便利です。全国各地の病院薬剤師の求人情報が掲載されているので、きっとぴったりの転職先が見つかると思いますよ。

病院薬剤師の求人ならココで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ