『大学病院薬剤師の年収・給料相場!』

大学病院で働く薬剤師の年収・給料

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

日本全国各地、数え切れないほどの大学病院があるわけですが、もちろん、大学病院で働いている薬剤師の方の経験年数や年齢によって、それぞれの年収も変わってきます。また、地域差も現実にはあるので都心部に比べると地方の大学病院の薬剤師の年収は低くなることも多く、同じ経験年数で同じ年齢でも都心部と地方とでは、差が生じてしまうところもあります。

また、大学病院内で働く薬剤師の仕事は、調剤のみに限った事ではないのはすでにご存じの方も多いでしょう。調剤のみならず、入院されている方を始め通院されている方に服薬の指導を行ったり、入院中の点滴を調剤したりと様々な仕事をこなしていくことになります。ですので、仕事の量も調剤薬局などに比べると圧倒的に多いですから、当然のことながらもらえる額も高くなる傾向にあるわけです。

一般的に大学病院で働いている薬剤師の平均年収は、520万円程度のようです。そのうちボーナスは、70万円を超える額が支給されていることも少なくないと言われています。ただ、この額をもらえるようになるまでの経験年数としては7年で、平均年齢は39歳ほどのようです。つまり、薬剤師になってすぐこの年収に達するかと言えばそうではなく、やはり経験を積むことでスキルアップすることによって、このような額の年収がもらえるようになるのは言うまでもありません。月収にすると37万円ほどもらえるようですから、大学病院で働きたいと希望をされる方が多いのも当然といえば当然でしょう。

しかしながら、現場で働く薬剤師の方は年収以上の仕事量をこなしているとも言われているため、金額だけで見れば高いイメージがあるものの、実際にはそうではない部分もあります。では、仕事内容に見合った理想の金額をもらえるようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。

それは、いつも自身が行っている方法で求人を探していくのも悪いことではありませんが、転職エージェントを利用して仕事を探す方法もおススメです。転職エージェントは、薬剤師に特化した求人サイトととなっており、大学病院の求人も多数扱っています。また、無料の登録をすることで、プロのコンサルタントが転職のお手伝いをしてくれますので、転職で失敗してしまうことも交渉するポイントを間違えることもなくなります。自分ひとりの力ではなく、コンサルタントと二人三脚ての転職活動が可能になるため、仕事内容と年収の差の開きが少ない求人を見つけることも十分に可能とになるのです。

大学病院の薬剤師求人ならこのエージェントで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ