『大学病院で働く薬剤師に必要な英語力!』

大学病院の薬剤師になるのには英語が有利?

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

大学病院の薬剤部などに勤めている薬剤師の方は、多忙な毎日を送られていることが多いと言われています。けがや病気の人の治療をするための薬剤を調合することをはじめとして、点滴を作ったり、場合によっては服薬指導などで病室を回ることもあります。時には、医師の処方箋を見ながらこのような薬の方が望ましいのではないかと、医師に意見を述べることもあるため、医薬品のプロとしてかなりの知識と技術が求められるのは言うまでもありません。

また、薬剤師が活躍することができる業種というのはいろいろとありますが、調剤薬局やドラッグストアでの募集と比べると大学病院の薬剤部の募集というのは少ないのが現状です。そして、近年は英語力を求められる仕事内容も増えてきているため、英語が話せた方が有利になることもあるということを知っているでしょうか。まず、英語力が問われる仕事として主なものをあげてみると、開発した薬を製品として発売するための薬事申請などを行う業務、薬を作るための原材料を海外から輸入する業務、薬事法に反してしまったり品質保証などを確かめるための業務、海外から輸入している医薬品の成分を分析したり、データの管理をするなど多岐にわたります。その他にも、大学病院内に薬品情報室といったような部署が設けられている場合は、医薬品に関する情報を提供することが主な業務となるため、専門的な知識に加えて、英語力が問われることも多くなります。

もちろん、通常の業務を担う程度であれば、薬の知識があるだけで十分なこともあるでしょう。しかしながら、大きな病院になればなるほど、薬剤師の仕事というのは多岐にわたり、当然のことながら入院をされる患者さんや来院される患者さんも日本人とは限らないため、英語が話せるに越したことはないのです。資格を持ちながら英語が話せるスキルを持ち合わせているというのであれば、大いに活かす事ができるでしょう。

転職エージェントのような薬剤師専門の求人サイトには、持っているスキルから自分にピッタリの仕事を探すことができます。大学病院においても、薬剤師のスキルプラス英語力がある人は有利に働くこともあるため、転職エージェントを利用して転職をすることで、他の方よりも早く採用にこぎつけることができる場合も出てきます。また、転職エージェントは無料で利用することができますし、登録をすることでプロの専任コンサルタントが一人ひとりをしっかりとサポートしてくれますので、焦ることなく満足のいく転職活動をしていくことができるでしょう。

大学病院の薬剤師求人ならこのエージェントで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ