『大阪市立大学医学部付属病院の薬剤師求人を探す!』

大阪市立大学医学部付属病院の薬剤師求人を探す

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

大阪市立大学医学部付属病院は大阪市阿倍野区にある病床数1000を超える大規模な大学病院です。さまざまな診療科・部門を擁しており、地域医療の拠点として機能しているほか、救命救急病院として万一の時にも対応しています。また、がん診療の連携拠点病院、認知症疾患医療センターとしての面も備えており、現代社会のニーズに応える医療を提供しているのも大きな特徴です。薬剤師もこうした環境で幅広く専門的な役割を担いつつ業務を担当しています。

薬剤師にとってこの病院の大きな特徴といえるのが手術部サテライト薬局を設置している点です。医薬分業の推進が全国的に進められていますが、この病院では病院内に薬局を設置し、手術を中心とした治療行為に必要な薬剤の適切な提供を行っています。近年の病院薬剤師は医師や看護師との連携のもとでチーム医療の一員としての役割が求められる傾向が見られますが、この部門では医師との連携はもちろん必要なものの、もっぱら調剤や薬剤の管理といった役割が求められることになります。

一方、外来の患者相手の調剤・服薬指導に関しては医薬分業による院外処方を導入しているため、原則としてこの病院で勤務する薬剤師が担当することはありません。この点は求人探しをする上での重要なポイントとなるでしょう。とくにこれまで調剤薬局やドラッグストアでの勤務がメインで病院薬剤師としてのキャリアがない方にとっては気になるポイントとなるでしょう。

チーム医療の一員としての業務ももちろんあります。幅広い診療科が設置されているため、医師・看護師との連携のもとで治療に使用する薬剤の決定や調剤、管理、患者に対する服薬指導といった業務を行っていくことになります。とくにがん治療に関する役割が重要で、抗がん剤の効果と相互作用、副作用の問題、さらに副作用の苦痛に対する緩和ケアなどに薬剤師の知識とスキルが求められます。またがん治療に限らず治療・投薬が長期間に及んだ場合にはその時々の患者の健康状態に配慮したうえで適時薬剤を調整するほか、適切な形で保管し続けるといった役割も求められます。

そんな大阪市立大学医学部付属病院からの求人は病院のホームページからまずチェックすることができます。中途採用は随時ではなく不定期に募集を行っているのでこまめに確認しておく必要がありそうです。ただ、病院の採用情報ではあまり詳しい情報が入手できない面もあるため、ネット上から広く情報を入手できる環境も整えておきましょう。大学病院の場合は夜勤の可能性も出てくるため、その辺を含めた就業環境の実情などもできるだけ入手しておきたいところです。

大阪市立大学医学部付属病院の薬剤師の求人ならココで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ