『大阪大学医学部付属病院の薬剤師求人を探す!』

大阪大学医学部付属病院の薬剤師求人情報を探す

薬剤師専門の求人サイトランキングを見る!

大阪大学医学部付属病院は病床数が1000を超える大規模な大学病院です。診療科・部門も非常に幅広く、さまざまなニーズに応じる形で薬剤師は日々調剤業務をはじめとした仕事を行っています。入院患者はもちろん、1日2000人を超えるという外来患者を対象にした調剤業務と服薬指導の重要な役割です。従来の病院薬剤師としての調剤業務はもちろん、チーム医療への参加や緩和ケアといった現代においてニーズが増えている業務を担当する機会に恵まれている職場といえます。大学病院ならではの待遇のよさはもちろん、スキルアップや将来のスキルアップの選択肢としても魅力的です。

そんな大阪大学医学付属病院の特徴は病棟で使用する薬剤や情報を管理している病棟薬剤室という部門が設置されている点でしょう。幅広い診療科で行われている治療に対してつねに適切な薬剤を提供するため、そして適切な管理で薬剤の品質を維持するため、こうした部門で薬剤師が日々業務を行っています。

薬剤と情報の管理はどうしても地味な印象が伴うものですが、この病院では調剤業務と同じくらい重要な業務内容となっています。当然薬剤そのものに関する幅広い知識と実践的な知識の両方が求められますから、働きながら学び、知識を深めていくことができる環境といえるでしょう。

もうひとつ重要な役割となるのがチーム医療の一員としての仕事です。大学病院では薬剤師を含めたチーム医療の実践が推進されていますが、この大阪大学医学部付属病院も例外ではありません。先ほど挙げた薬剤の管理に関しても医師や看護師との連携のもとで必要な時に適切な薬剤を提供できる環境づくりが求められることになります。その連携に加えて患者への服薬指導も含め、コミュニケーション能力も必要なスキルとなりそうです。

他には基本となる調剤業務はもちろん、先進の医薬品に関する情報収集も大事な仕事です。先進の医療を行ううえでつねに最新・最適な薬剤を活用できるよう、情報のアップデートが求められるからです。

注意点としては先述の薬剤の管理の必要性などから夜勤が伴うケースも多く、ライフスタイルとの両立がどれだけできるかが挙げられます。

こうした環境を踏まえた上で大阪大学医学部付属病院の薬剤師求人を探していくことになります。そのため待遇面はもちろん、実際に職場でどんな仕事を担当することになるのかもできるだけ確認しておくようにしましょう。病院のホームページで採用情報をチェックするほか、広くネット上から最新の求人を確認できる環境を整えておきたいところです。

大阪大学医学部付属病院の薬剤師の求人ならココで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細へ
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細へ